民事(家族)信託〜家族と共に考える未来の幸せ〜


ユアサイド行政書士法務事務所(千葉県千葉市)


 @ 事業承継信託

 A 疑似会社分割信託

 B 空き家活用信託

事業系信託


@ 事業承継信託

 こちらの信託は、個人事業主や株主が1人の会社等で、当該事業の経営権を相続によって分散させないようにするために利用します。

 個人事業主や株主が1人の会社の場合、相続が発生すると、当該事業の経営権や事業用財産は相続人の共有財産となります。
 当該相続人の全てが、事業を継続する意思で参加してくるのであればまだ良いですが、そのような考えの無い人が混在していると、事業の継続が困難な状態に陥る場合があります。

 そこで、事業用財産や株式等を信託財産とした信託を考える事ができます。
 事業を引き続き行ってくれる者に当該財産を託し、最終的には帰属権利者とすることで、事業用の財産や株式を、相続人に分散させる事なく事業の承継が可能となります。

 ただし、他の相続人の遺留分には注意が必要となりますので、事業用財産と株式しか財産が無いような場合にはその準備や対策を考えておく必要があります。

A 疑似会社分割信託

 こちらの信託は、実際に会社(事業)の分割をしてしまうのではなく、特定の事業(黒字事業に限る)の会計をきちんと分離して、当該事業を信託し、その活用(経営)を受託者(当該事業の経営を任せたいと思う人)にさせてみるという形のものです。
 
 この信託の良い点は、実際には分社化しないので、法人設立の手間が省けると言うこと、経営を任せたい人の能力を試すことができること、当該事業の経営に失敗しても、本体事業への影響を最小限にできるという点です。


B 空き家活用信託

 こちらの信託は、当事務所が独自に検討している信託の方法ですので、現時点で公開は控えさせていただきますが、空き家対策の補助金等を利用し、空き家を再生させた上で、相続人がいない場合や、いても当該空き家を受け取りたくない(税金の問題などで)と言う場合の対策に利用できる方法を考えています。

 イメージとしては、空き家を活用して収入(受益)を得る事と、相続発生時の対策をまとめたような内容になります。